nazousa

へっぽこライターcです。リアルに役立つビューティー情報を発信します。紹介するのは全部使って良かったものだけ、というのがポリシーです。ご連絡は"お問い合わせ先"のメールアドレスにお願いします。


小鼻回りが汚くなってしまう人の化粧直しの方法★【粉っぽい・角栓が…におさらば】

お鼻てかてか~脂てかてか~♪
cです!

f:id:Agent_c:20180507114113j:plain
(きれいなお鼻~あこがれる~!)

さて、本日は鼻回りについて書いていきます!

スポンサーリンク



-目次-


ぜひ、お付き合いくださいませ~!

化粧直しをすると鼻回りが汚くなる系女子

挙手!

ハイ!

これねー、なんとかなりません?
崩れを直してるのに余計汚くなるとか無情すぎる。

でも理由があるんですきっと。
直し方が悪いとか、そもそもコンディションが(鼻の)悪いとか。

ってわけで、わたしが実際にやってみて



わりといいかも?


と思った方法について書いていこうと思います。


まずは基本編!

めっちゃ汚いパフを使っているならもう捨てる

たまに引くぐらいガピガピのパフで、鼻の脂浮きを直している方がいます…。
もうそれ、手で塗った方がましじゃないの?みたいなレベルの。

そのガピガピのパフは今すぐゴミ箱にシュートしてください。

脂をオフせず、パウダーをはたくのはやめる。

てっかてかの鼻に直接、プレストパウダーやパウダーファンデをON☆

めんどくさいけど、一度ティッシュなどで脂を軽く取ってから直した方が綺麗だしそのあとの持ちもいいはず。

気持ち分かるんですけど。すっごい分かるんですけど。


次は応用編!

パウダー付きあぶらとり紙を使ってみる

わたしはなんだかんだ、これに落ち着いています。

脂をとりすぎるから、余計が皮脂でて良くないんじゃないの?水分も取っちゃうんじゃないの?

という話もあるし、使いたくないという人もいると思いますが今のところこれが一番具合がいい。

最近のあぶらとり紙ってかなり進化していると思います。

ごっそり全部脂をとらない仕様のものとか、水分は奪わずに脂だけ取れるものとか…。

なかでもパウダーのついたあぶらとりがみは、多少のカバー力もあるし、おそらくその後も脂を吸着する力があるのか前より鼻がテカテカしにくくなるのです。

わたしのお気に入りはこれ。
お花のパッケージが可愛いから。


Amazon>>コンビニック セレクティ フラワー UVカット&毛穴カバーあぶらとり紙
楽天>>コンビニック セレクティ フラワー UVカット&毛穴カバーあぶらとり紙

薬局やドンキでよく安売りされてる。
300円せずに買えることが多いよ!



鼻回りが汚くなりやすい人は
無理に重ねない方がいい


というのがわたしなりの結論です。

ない時はティッシュで押さえるくらいでむしろいいかも。

粉こなしく汚くなる人はうっすら乳液を塗る

パウダーを重ねたらなんか鼻けばだってない?みたいな時…(あるある)

そんな時は油分で馴染ませると少しましになった。

小さいボトルに分けた乳液をポーチに入れておくと安心。

どうにもならない時は全部落とす

全部落としてやりなおす。
一番確実な方法ですが、めんどくさい。

そもそも、鼻の状態が悪いのでは?

角栓が詰まってたりとか、ざらざらしてたりとか。

そもそも、鼻そのものが汚いんじゃ…?(; ・`д・´)ヒイ

きれいな鼻を手に入れることがやっぱり大事かもしれない。

鼻回りが汚い時っていうのは大体角栓が詰まってる時…

角栓が落とせるものってないかしら?やっぱりクレンジングかな。

で、わたしは色々クレンジングを試してみたんですが…

やっぱりファンケルでしょうか。今のところ!


Amazon>>ファンケル 新マイルドクレンジング オイル
楽天>>FANCL マイルドクレンジング オイル

角栓落ちるのが分かるの。

わたしはしてないけど、マツエクにも使えるらしい。
アットコスメなんかの評価もかなりいいよね。

ファンケルのお店にいくと割引券を貰えたり、お試しサイズもあるよ~。
薬局でも売ってるね!

角栓を落とす系のクレンジングって、なぜかだんだん効果を感じなくなることが多いんだけどファンケルはちゃんと取ってくれるからいいね。

鼻そのものが綺麗になれば、朝お化粧する時に塗りたくる必要もない。
そうすれば崩れにくくなる。

好循環が生まれる…!

まとめ



化粧直しはパウダー付き
あぶらとり紙でやりながら、
綺麗な鼻をめざして
クレンジングを選ぶ。


が、わたしの提案する解決方です。
鼻回りでお悩み女子は、ぜひ試してみてね。

それでは、またね~!


◇こちらの記事もぜひ◇
www.nazousa.com



copyright©2017 c inc